看護師が行うべき感染予防法

病院は病気を治すための施設だが、様々なウイルスに感染した患者がたくさん集まる場所でもある。
特に患者に接する機会が多い看護師は、院内感染を防ぐためにも、徹底的に感染予防に努めなければならない。

感染防止対策の基本となるのが手指衛生だ。
まずは手指に付着したウイルスを落とすために、ハンドソープや石鹸を用いて手を洗う。
手のひらと手の甲、指の間や付け根、指先と爪先、手首までしっかり擦り洗いをし、最後は流水で洗い流してペーパータオルで手を拭く。

感染力の強いウイルスに対しては、アルコール製剤を用いた手指消毒が有効といえる。
手が乾いた状態で手指全体に馴染ませられる量をとり、指先から手指表面をくまなく、手が乾くまで擦り込んでいくのがポイントだ。
手洗いや手指消毒は患者や患者の周囲環境、ドアノブなど、手指の高頻度接触表面に触れた後は、必ず行うようにするべきだろう。
また患者と接する際は、サージカルマスクやアイシールド、ゴーグルなどを使い、飛沫感染を防ぐ必要がある。

また、同じ環境で仕事をしていても、感染してしまう看護師もいれば、感染しない看護師も存在する。
その違いは、免疫力の差だ。
免疫力が高ければ、ウイルスが体内に入っても病気の発症を食い止める可能性が高くなる。
睡眠不足や栄養不足、ストレスなどが免疫力を低下させる原因であるため、普段から栄養バランスの整った食事と十分な睡眠、そして適度にストレスを発散させていくことも大切だ。